ウェブログの心理学

読了日 2005年3月17日
 いや、これは読むのが面白かった。ブログが米国から来た新規のコンテンツではなく、もともとこの日本でも流行っていた日記サイトなんだというのは、「そういえば、そうかな」とか「とはいえ、少し違うんじゃないかな」ということが、その両方ともが真実のように思えます。ただ、問題は解釈ではなく、どうブログを私たちが使っていけるかということなんでしょうね。