2005年06月25日

吉本隆明「中学生のための社会科」


中学生のための社会科

 今まで、何度かこの本を読んできました。読むたびに、違うところに目を見張るような思いになります。今回もほぼ全ページを読みましたが、やはり、さらにいくつものことを考えました。
 第三章 国家と社会の寓話 で、「聖書」のマタイ伝19章についてのことでは、改めて「新約聖書」のその箇所を読み直しました。
 やはり「聖書」は何度も読み返すところがありますね。いつもベッドの上でときどき「聖書」を拡げています。
 ただ、イエスのいわれる神というのは厳しいですね。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetの「真理」   2005年06月25日 11:37
ネットで社会と、新約聖書などをマタイしたいはずだったの。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔