時代病


 

読了日 2005年8月26日

 読み始めて、すぐに読み終えまして、その後またクライアントへの電車の中で再度すべて読み直したというところです。元気な吉本さんを目の前にしている感じがします。「あとがき」での「いつまでもつまらない世代論を論じている場合じゃないよ。そんなことは、あまり意味がないんだよ」という吉本さんの言葉がとてもいいです。かなりこちらの心の底まで響きます。