誤読日記

読了日 2005年8月26日

 とにかく量的に読み応えがありました。なんとなく、とにかく量的に多いなという印象がまず第一です。ただ、それはこの著者に「よく読んでいますね」という感心を持つと同時に、「それでも、それにちゃんと応えてくれるだけの本って、あんまりないんだね」というのが次の大きな思いです。