94847114.jpg

 今長女の家で、長女のマシンに私のiPodをUSBでつないで充電しようとすると、いろいろとメッセージがでます。おはぎも自分のiPodをこのマシンで管理しているからです。PCは1台のみが、1つのiPodを管理できます。それでこのiPodは、私にはいろいろと分からないことが出てきます。もう私は市販の解説書は5冊買って読みました。
 でもまた分からないことが出てきて、いつもまた解説書をあちこち見ています。しかし、パソコンよりも数段むずかしいですね。
 さきほどもそうでしたが、私はこういう難しい機器にはしょっちゅういらいらしています。そして、すぐ落ち込みます。「俺はもともと、こういうのは向いていないんだよな」なんてぶつぶつ言っています(心の中でぶつぶつ言うだけですが)。でもしばらくして解決すると、「俺って、天才かな」なんてつけ上がります。
 iPodはやはりパソコンとの連携が大事ですね。そのことをものすごく感じます。

 私がiPodで一番聞きたい詩吟の世界も、早くこうした機器に対応できるようにしてほしいものです。今私のiPodには詩吟はいくつも入っていますが、私が勧めたくないのが多いのですね。なんで、あのようにハイカラにしちゃうのかな。昔のままの詩吟でいいのじゃないか。つまらないです。悲しいです。
 いい詩吟をインターネットで流してくれれば、それをiPodに入れられるのです。他の歌や曲はやっているのに、詩吟はまだまだですね。このままじゃ、詩吟が忘れ去られてしまいますよ。

    写真は同じく長女おはぎの中学時代の友だちの結婚式でのおせんべいです。いいなあ。おめでとう。