周の詠う黒澤忠三郎「絶命詩」は、昨日帰宅の電車の中で読んできました「ポッドキャステンギ入門」で、「あ、この方法でここのlivedoorでもできるんだ」と気がつきまして、今朝テストとしてUPしたものです。
 なかなか、この私のほうの音声をUPすることが理解できず、少々あせりましたが、もう自分のもっっている過去のやり方で、私の ポッドキャスト将門 内の私の詩吟のファイルをリンクして、これでできてしまうことだったのです。ただし、私の詩吟のできの話は、また別な話ですよ。

「あ、これならここでもできるじゃないか」ということなのですが、私の側の今の問題は、音声ファイルを作ることです。これまた出社の電車の中で、この入門書を読みまして、それで最適最新の方法で、音楽ファイルを作ります。音楽ファイルがもともとある堀雅裕さんの歌は、もうここの「ブログ将門」でUPできるわけです。
 でもこれができてしまうようになると、「ポッドキャスト将門」が必要ないということになってしまいますね。でもでも、問題は私自身の音声ファイルです。
 ちょっと電車の中でいろいろと考えます。

 本日は、鍼の治療です。そして夕方は義母が帰宅するのを待ちまして、それからそこで介護福祉士との打ち合せがあります。
 それで、その間にたくさんやらないとなりません。私のいくつものクライアントの仕事です。もうとにかく、急いですべてやりまして、書留で郵送します。

 まあ、なんだか忙しいな。あ、音楽ファイルの作り方に関しては、鍼の治療中に考えます。まあ、マイクで私がいれればいいんですよね。
 それと、私がやっぱり、音声でもブログで発信したいな。それを昨日電車の中で強烈に思っていました。