f2399d8a.jpg

 日経住宅サーチ - 住宅情報の総合サイトこのニュースがありました。

 国土交通省が23日発表した2006年1月1日時点の公示地価は、東京都が全用途平均で前年より1.4%上昇し、15年ぶりのプラスとなった。東京、大阪、名古屋の3大都市圏の商業地も15年ぶりに上昇に転じた。堅調なオフィス需要や住民の都心回帰を背景に、大都市圏を中心に地価の下げ止まり感が広がっている。全国平均はマイナス2.8%と15年連続の下落だが、下落幅は2.2ポイント縮小した。(2006.03.23)

 これは私は日経新聞の1面で読みました。見たとたん、「あ、嬉しいな」という思いでした。バブルの時期のような異常な地価の上昇は嫌ですが、こうしたゆるやかな地価の上昇は当然のことだなと私は思います。
 日本がこれだけ、あらゆるものが安定し、平和と安全が長年確保されているところである以上、そこに事務所を確保していこうというところが世界から来てくれるようになるのは当たり前ですし、いいことです。

 こうした日本の3大都市圏の商業地の地価が上昇することも、これは私たちの日々の努力の結果だと思い、私は嬉しいのです。

    写真は21日の「みずべの苑」さんの屋上です。なんだか、この花を見て、とても私の心は和んでいました。「いいなあ」と、声に出さない声をあげていました。