84f11e99.jpg

 IT用語辞典 から引用します。

 個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称。内容としては時事ニュースや専門的トピックスに関して自らの専門や立場に根ざした分析や意見を表明したり、他のサイトの著者と議論したりする形式が多く、従来からある単なる日記サイト(著者の行動記録や身辺雑記)とは区別されることが多い。

 私も、このブログは従来の日記サイトとは別なものだと思っていましたが、「いやもともとは、この日本でこそ流行っていたのだ」という主張もあるようです。
 私は前に ウェブログの心理学 に次のように書きました。

 ブログが米国から来た新規のコンテンツではなく、もともとこの日本でも流行っていた日記サイトなんだというのは、「そういえば、そうかな」とか「とはいえ、少し違うんじゃないかな」ということが、その両方ともが真実のように思えます。

 このこと、「ブログがそもそも始まったのは、米国か日本か?」ということよりも、実際に多くのブログから、たくさんのことを知り、学べることと、自分のブログを毎日更新することにそれこそ毎日情熱をそそいでいることが私には大切なことです。

 このブログの大きな特徴といいましたら、トラックバックがあります。

 多くのブログには読者が記事にコメントを投稿して掲載できる掲示板的な機能が用意されている。また、別のブログの関連記事へリンクして相手の記事に自分の記事への逆リンクを掲載する「トラックバック」という機能もあり、興味や話題ごとに著者同士や著者と読者によるコミュニティが形成されている。最近では、ブログによる「口コミ」で情報が広がり、マスメディアが後追いでそのトピックを取り上げるという現象も起こっており、そういった面からもブログは新しいメディアとして注目されている。

 コメントは従来からの掲示板の「レスを書く」ことと同じ機能だと言えるかと思います。ただ、このトラックバックは、いわばこのブログになって初めての機能でした。最初の最初はどう使っていいものなのか、判らなかったものです。友人に明確に説明できなかったものでした。
 でも今は、この私も実によく使っています。
 いくつものブログの(それは友人のブログだけではなく)内容について、私が示唆されて何かを書くときに(それはその相手のブログ内容に賛同のときも意見が少し違うというときもあります)、自分のブログで書きまして、そのもともと示唆されたブログにリンクしておくという機能です。これは実に画期的な機能と私は驚いたものでした。

 またこのブログによる「口コミによる情報の広がり」というのも、よく理解できます。まさしくこうして誰もが簡単に書けるブログにより、いわば「口コミ」が、他のブログがインターネットで読まれ取り上げられて広がっていくのがよく判ります。
 このことは、前には、まさしく新聞・テレビそして実際のウワサ話により、広がっていった数々の情報が、今はこのブログによりいわば一瞬のもとに拡がることを私たちは目の前にすることができるのだと思います。
 ただ私が リンクス「建築総合ブログ」 に書きましたように、次のことを感じています。

 誰も、インターネット上でほんのわずかな情報発信しかできていないのに、「期待しているほどの効果が得られていない」ということで、あきらめてしまっている現状を多く見ています。私は「それしか情報発信をしていないのに、効果が出てくるわけないだろう」といつも思っています。
 ただ、このことは大きなことでね。もう世代が変わらないと無理なのかな、なんて思うところもありますが、「いや、やはりやりきる人たちもいる」というところで、世代の問題ではなく、やはりやりきれる企業団体や人間がいるのにも拘わらず、むりな企業や人もいるんだなあ、とつくづく思っています。

 せっかく、このブログというものを私たちは自在に使える時代になったのに、そのことを全然理解できていない人たちに私ががっかりしているところです。だが、でもでもちゃんとやっていく多くの友人たちも見ていまして、私はまた勇気をたくさんもらっているのも大きな現状です。

    写真は、4月1日の王子駅近くの音無公園です。上を見上げたら、こうして桜がいっぱいでした。