d73315fd.jpg

 日経パソコン オンライントップこのニュースがありました。

 総務省は2006年4月13日、国内のブログおよびSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の2006年3月末時点での登録者数を発表した(発表資料)。ブログの利用者数はおよそ868万人、SNSの利用者数はおよそ716万人。2005年3月末時点での統計では、ブログが335万人、SNSが111万人だった。この1年間で、ブログは約2.6倍、SNSは約6.5倍に利用者が増えたことになる。(2006.04.13)

 これは実に驚く数値です。これは以下を読んでみてください。

 同省は2005年5月に、2007年3月末時点でのブログの利用者数は782万人、SNSは1042万人に達するとの予測を示していた。ブログ利用者については1年も前に予測値を大幅に超えた計算で、同省も「予想以上の増加率」(総務省)と驚きを示している。

 総務庁の予想を1年前に超えたということは、驚いてしまいます。もうインターネットのブロードバンド利用がかなり進んで、誰もがインターネットを利用して、このブログを見ているんだと言えると思います。
 これは、職場でも家庭でも、みながインターネットでブログの情報を見ていることを示しています。こうなると、以前のホームページではなく、このブログのことをもっと理解し、自分でも自分のさまざまなことをブログにて公開していったほうがいいよなということが言えると思うのです。これはいわゆる会社ばかりでなく、趣味の団体であっても、あるいは大学をはじめとする教育研究機関でも、ぜひこうしたブログを使って、インターネット上に自らがやっていることを公開していくべきだし、そうしてほしいなと私は思っています。

 写真は同じく15日の六本木麻布迎賓館で開かれた、長女の友人の結婚式の生花です。