597a0b27.jpg

 NIKKEI NETこのニュースがありました。

 国土交通省と金融庁は拡大する不動産投資市場の適正な運営に向けたルール作りに共同で乗り出す。不動産投資信託(REIT)などの投資商品は低金利下で急拡大したが、不動産特有のリスクの説明責任などをきちんと果たしていないケースが多いためだ。両省の局長級の連絡協議会を設置し、具体的な検討を始める。

 協議会は「不動産投資市場整備連絡協議会」。月1回のペースで課長級の幹事会を開き、市場動向を分析するとともに情報開示のあり方などを検討する。不動産投資商品は今国会に提出済みの金融商品取引法(投資サービス法)案で他の金融商品とともに幅広く規制対象となっているが、不動産独自の規制が必要かどうかも論議する。 (2006.05.06)

 インターネット上で見ていても、この不動産業界というのは、なかなか「昔のままだなあ」という思いになってしまいます。でもとにかく、変わっていってほしいよなという思いの中で、こうしたニュースを見ています。不動産業界が昔のままの印象がありますと、どうしても、この「不動産投資」ということも、まだまだ昔の印象をぬぐえないと思っています。
 私は、この不動産業界といわば隣接している建築業界に関しては、ニュースきくち を毎日UPしていますが、この私のブログ内で書いているニュースエステイトは、実にニュースを選び出すのも大変な思いがします。
 とにかく、この業界で仕事をされている方の変化進歩を私は期待しています。

 写真は、4月30日撮りました、我孫子の母の家の玄関で見られる花です。