医龍―Team Medical Dragon (8)
書 名 医龍8─選挙協力─
著 者 乃木坂太郎
    永井 明
発行所 小学館
定 価 505円+税
発行日 2005年4月1日初版第1刷発行
読了日 2006年6月18日

 私が「医龍7」で思っていたことが、この巻で、そのまま出ていました。
「第16幕選挙改革委員会」で、

  青医連運動って
  ……なんですか?

という問いに、加藤が答えている。

  昭和30年代から
  40年代初頭にかけて、
  当時の医学生たちが
  大学当局に対して
  医局の低賃金や待遇の改善を
  求めて起こした……
  改革運動よ。

  コ・メディカル・スタッフも
  巻き込んで
  大学を卒業しても
  国家試験を受けないとか、
  国家試験を受けないとか、
  ストまがいの運動をして、
  インターン制を
  廃止に 追い込んだ。

  しかし、
  結局名称が
  研修制度と改まっただけで
  実態は変えられなかった。

  多少の待遇改善を得ただけで、
  運動は尻すぼみに
  終わったわ。

「運動は尻すぼみに終わった」というんだね。こう言われても仕方ないのかな。医学部はさておき、私の闘いはまだ続いている気持は私は持っているのですが、そんなことを言っても仕方ないかな。
 なんだか、あのときの、今から約40年前の熱情を思い出しました。小さな声でいうよ。「まだ終わってねえよ」。