3aaee283.jpg

 夕刊フジBLOGこのニュース がありました。

【パソコン/インターネット】
 電子マネーやポイント制の連携が進んでいる。1社の単独運営では顧客を囲い込めないため、さまざまな企業と連携して相互にポイントの交換と利用ができることを売りにしている。
 そんななか、ヤフーとJR東日本が提携した。具体的なサービス提供はこれからだが、主に3つのサービスが準備されている。
(2006.06.30)

 私は長年千葉県我孫子市から、東京千代田区御茶ノ水まで通勤していました。JRと地下鉄千代田線を使うわけで、定期券は、昔のままで、SUICAの定期券ではありませんでした。だからSUICAはまた別に持っていました。
 だが、義父が亡くなり、それで我孫子の自宅へ戻るわけではなく、さらに引き続き東京北区王子に住み続けるということになりまして、もう王子からJR御茶ノ水駅まで通い続けることになります。それでやっと、6月中旬から定期券のSUICAにすることにしました。
 それでやはり、このSUICAの定期券にすると、さすがに新しいことをいくつも知りまして、そしてやはり実に便利です。もう前の私鉄兼用の定期券には戻れないですね。
 パスネットはずっと使ってきましたが、こうしてSUICAを使い続けますと、このSUICAの使い方でないと面倒で仕方ありません。
 そしてSUICAがいいのは、それがJRで使うだけではなく、実際にこれで買い物ができることです。この便利なことを経験しますと、もう元には戻りたくありませんね。というか、もう元には戻れないですね。
 そんな思いのときに、こうしたニュースを目にしました。

 まず、来春にはヤフーでの商品購入にモバイルスイカが利用できるようになる。カード型のスイカ電子マネーでの決済も検討している。
 来年冬にはヤフーカードとビュー・スイカカードの一体型提携カードを発行する。乗車券、電子マネー、クレジットカード、モバイルスイカ、スイカオートチャージが利用できる予定。クレジットでショッピングすればヤフーポイントもためられる。
 さらに、ヤフーポイントをスイカストアードフェアに交換することで、電車賃に変えられる。将来的には相互変換が可能になる予定だ。
 インターネットと電子マネーのフロントランナー同士の提携には目が離せない。今後の展開に注目だ。

 そして、これがケータイでも使えるようになりますと、もうこうした生活からは離れられないですね。
 ただし、いったん、何か事故が起きますと、大変なことになるなあ、と思っています。その事故とは、SUICA等の事故ではなく、私たち個人の側の事故でも、いったん、不良な個人ということになりますと、もう一般の社会では生活していくのが、実に困難にならざるをえないことになってしまうかと思います。
 そのことが大変に怖いことだな、と思っています。

 写真は、次女ブルータスが、学校のバザーで手に入れましたお祭りの鉢巻きです。