cdfca062.jpg

 GIGAZINEこの記事 がありました。

まず今回は初歩となるがゆえに誤解の多い「ロングテール」の中身を見てみましょう。ロングテールとは決してニッチ市場狙いという意味ではないのですが、大多数の人はそう理解しがちですのでそこのところに気をつけましょう。

 この「ロングテール」という概念を知ったときに、「あ、これはすごいな」とは思いましたが、いわば過去言われてきた概念を明確に知っている必要があります。そして、それは決して過去の概念ではありません。今でもマーケテイングで生きていることです。

この言葉の理解の前にまずは商売の大前提となる「2:8の法則」を知る必要があります。これは、「売上の80%は、全商品の20%によって構成されている」という法則。正確には「パレートの法則」の一部分であり、古くから商売の経験則として小売業ではよく知られたもの。今は前述のパレートの法則によって統計学的にも正しいとされています。

 ただし、このあと以下のように書かれているのは誤解するんじゃないでしょうか。

つまり、お店に10個並べることができても、そのうちの2個がメインで売れている状態が普通の小売店の実情というわけ。

 10個の商品を同じに並べるということはないわけです。そのためを理解できる法則なのですから。
 だが、8割のいわば「死に筋」の商品を、その維持コストがかからないのならば、当然に商品をインターネット上で並べておくことは、大切な売り物を並べておくことになります。

この旧来の「2:8の法則」に従うならば、8割が「死に筋」の商品となり、不良在庫化する危険性があり、維持するだけでもコストがかかります。ところがロングテールの場合はこの8割の死に筋商品の維持コストが低く、従って時間の経過とともに利益を生むわけです。

 この「維持コスト」が低い、ということが大事なことです。だから従来の商店では、もはやこれは無理だと思われます。
 私が毎日その前を歩いています多くの商店は、いわば、「この不良在庫化する危険性があり、維持するだけでもコストがかかりすぎる」商品を並べて置くことができません。そこがアマゾンが全然違うところです。

具体的に言うと、Amazonがロングテールの見本です。本というジャンルに限ると、本屋には棚の数だけしか書籍を置くことができないので「2:8の法則」に従い、売れ筋商品を多く並べる必要性があります。しかしAmazonは本棚という物理的制限がないので、書籍を全部置くことができるわけです。あるジャンルには1000種類の本があるとして、そのうちの200種類程度を置くのがリアルの本屋であり、「2:8の法則」です。しかしAmazonは残り800種類も置くことができるわけです。すると通常は切り捨てるべき残り8割の死に筋商品であっても利益が上がるというわけ。

 私の周りでも、アマゾンで本を購入している人がたくさんいます。本屋等々に行きまして、必要な本やCD−ROM等々を探していることができない(時間がない、地方によっては本屋等々がすぐ近くには皆無である)人がたくさんいるのです。
 これは、若い人たちばかりではなく、私たちの年代でも増えてきています。「8割の死に筋」と思われていた商品も、今はインターネットで見つけて容易み手に入れることができるのです。

 ここでは、さらにGoogle Adwordsのことを書いており、さらにこのロングテールで勘違いしやすいことも書いていてくれます。私なんか、すぐに勘違いしてしまう人間ですから、よく読んでいくつもりです。

 写真は16日午後4時すぎ、湯西川温泉の「平家の里」です。ようするに私は「平家」というとどうしても親しみを持てないのですね。私は平将門さまは実に尊敬崇拝していますが、どうしても「平家」というのは、将門様を討ち取った平貞盛の流れであり、私にはいわば敵なのですね。