b5db8b8f.jpg きのうの夕方の事態のことを、私は妻に話す。妻は「私が毎回早めに帰るようにしたほうがいいのかな」といいます。でもそうはいかないのは自明のことだ。やはり二人で交代にやるしかないのだ。義母は私にとっても大切な母なのだ。
 でも、やはり娘である妻は、自分の子どもだが、私は違うのだろうかと、少し悲しくなる。でもでも、「わが家」のお便り帳を見ると、私のことも息子と思ってくれているようだ。そんなことを見ると、なんだかとても嬉しい。嬉しくなって、また困惑して………、この繰り返しだ。
 それと思うのですが、自分の子どもが女の子二人でよかったな。これが男の子だと、きのう夕方の長女のようなふるまいができるのだろうか。娘二人は、私に大変に厳しいが、二人の祖母には、大変に優しい。あ、これは俺がいけない人なんだなあ。
 なんとしてもやりぬいて行こう。あ、きょうも自転車で走るぞ。
 写真は同じく13日の七社神社です。ここは同じ境内の天祖神社です。