14404a12.jpg

 DESIGN IT! w-LOVEこの記事 がありました。

Webをビジネスに活用したいという企業担当者に「では、ブログをやりましょう」と提案した際に、ほとんどの場合に返ってくる「なかなか忙しくてブログを書いている時間はない」というのは、ただの言い訳でしかないなということです。(2006.11.18)

 このことは、私はあちこちで感じていることです。

足りないのは時間ではなくて、ものを考える意欲や習慣なんじゃないですか? ようは考える仕事を怠って、それを単に忙しさのせいにしてるだけでしょ? それでビジネスがうまくいくはずはありません。それって単に仕事をサボってるだけですよね。

結局、時間がないというのは単なる言い訳です。ものを考えずに、それでいて「Webをビジネスに活用したい」なんておこがましいことを言ってるわけです。

 この言い訳はもう嫌というほどあちこちで何度も聞いてきました。
 また私の年代の友人たちからは、

 今は仕事で忙しいからできないが、もうすぐ少しは時間的に余裕ができるから、そうしたら、やりだすよ。

という言葉も何度も聞いてきました。
 そんな言葉を聞いたあとにインターネットが盛んになり、いくつもホームページができてきて、またそれでも同じ言葉を聞いてきていました。
 そして今ブログが誰でも簡単にできるようになったのに、また同じことを言われてきています。

 今は忙しいから、ブログをやっている時間がないんだ

 この言い訳が延々と続いています。そしてその間に、彼彼女は、40代から50代へ、60代へと歳をとってきました。

 もう間違いなく60代から、インターネット上でブログを展開し始めるのは無理でしょう。いや、もちろん60代でも元気にブログを展開されている方はいますよ。でもその方々は、みな60代で突然パソコンやインターネットを始めたわけではありません。その前からやっていたことの継続発展が、今の姿になっています。
 でも、「もう無理でしょう」ということは、彼・彼女たちはどうなってしまうのかな。いやもちろんインターネットをやらなくても一向に構わないわけですが、「インターネット上で表現をしていきたい」という意思はあるのに、「今は忙しいから、時間ができたらやる」と言い続けてきた彼・彼女たちは、今後どうなっていくのでしょうかね。

 写真は15日の夜に自宅のテレビを撮りました。もうどうでもいいものを私は撮っていますね。