06112101 私のところは妻と私で一日交代で、義母の面倒を見ています。今朝は、妻が早く出かけて、私が義母を送り、夕方妻が母を迎えます。きのうはその反対でした。
 でも今朝7時20分に出かけた妻から7時40分にケータイメールがありました。義母に薬を出すのを忘れたというのです。義母の薬はたくさんあります。それをちゃんと出しておかないと、義母は自分では飲むのを忘れています。だから、それを用意して、義母の部屋に持っていきます。
 実はたった今も、義母は私の部屋に別なことで質問にきました。

 思うのですが、こうした介護というのは、いや少なくとも私たち夫婦の場合としかいえないかもしれませんが、夫婦一緒にやんないと無理ですね。一人で介護していたら、身体以上に精神がまいってしまいます。
 それと、自分の娘(私たちの場合は娘です)がそばにいてくれるのが実にいいです。これは大切なことですね。だから、娘の子ども、私の孫が生まれたら、私の両親がやってくれていましたように、私もちゃんと孫の世話を懸命にします。
 こうして、私の両親も義理の両親も、私の子どもたちにしてくれていたことを私たちも自分の孫にしていくのですね。大事なことだな。嬉しいことだなあ。

    写真は21日、王子の家の本箱を撮りました。吉本さんの本の一部はここのあります。我孫子の自宅はもっとたくさんあります。