a37c36f2.jpg

 もう古いニュースですが、J-CAST ニュースこの記事に興味を持ちました。

 個人のブログに商品や映画の感想を書いてもらいPRする「口コミマーケティング」。その現状が2006年11月3日のNHK「ニュースウォッチ9」で放送されたところ、「企業から金貰って提灯記事を書いてるブロガー」と決め付けられ、ニュースに登場した女子大生のブログが大炎上した。PRを仕掛けた企業のホームページには「誤解を解きたい」とするコメントが載るなど大騒動になっている。(2006.11.17)

 このブログが今この口コミマーケティングに一番向いている媒体だということは実によく判ります。もう私の娘たちの年代は、とにかくなんでも真っ先にインターネットで調べます。そして本でも旅行でも、それで決めています。
 それが普通の人だと思われる人が書いているブログで評判がいいとなりましたものは、まずはその情報を信じてしまいます。
 私が一昨日行きました飲み屋で、ご主人がキムタク主演の「武士の一分」をいい映画だというので、「あ、私も必ず見よう」なんて思ったわけですが、そんな形がこのブログの記事で決めてしまう人も増えているのでしょう。テレビコマーシャルよりも、このブログの一見誠実に書かれている記事のほうが私たちには信じられます。
 でも、今回のことは実に怖いなあと思いました。「なんだ、あれはやらせなのか」ということで、皆の怒りが燃え上がったのだと思います。
 でもやはり、このブログが大きな影響があるのですね。

 ハウス食品はこの口コミマーケティングを活用している。導入以降、売り上げは4倍に増えたのだという。

 でもやはり、このブログで酷評を書かれると大変なことにもなる可能性があるわけです。だからやはりこのブログによる口コミマーケティングというのは大きなものだのだなあ、と思った次第です。

 写真は4日撮りました王子駅の広告看板です。