df5fbf88.jpg

 粉川哲夫さんからのコメント にさらに以下のコメントをいただきました。ありがとうございます。

1. Posted by 粉川哲夫    2007年01月24日 05:53
「粉川さんの言われていることが、なにかこの時代を「鉛の時代」(この鉛とは、銃に込める鉛の弾にも思えます)として、讃えているように思えた」というご説明で、了解できました。
92年に本でお読みになったということは、『シネマ・ポリティカ』ですね。映画「鉛の時代」の問題の文章は、1983年に『月刊イメージフォーラム』に、まさに西ドイツの新左翼運動を「軍事闘争派」から腑分けするために書かれたものです。あなたが逆に読まれてしまったのは、残念です。なお、原タイトルは、Die bleinere Zeitで、「鉛のように重苦しい時代」といった意味です。
また、拙著は上記を含めて、すべて版権放棄でネットにアップしてあります(誤植があるのはお許しください)のでチェックできます。→http://cinema.translocal.jp/books/

 粉川哲夫の本 は前にも見ていました。今後も読まさせていただきます。

「鉛のように重苦しい時代」とは、たしかにあの時代は嫌な思いが浮かんできます。
 私の大学時代の学生運動は、いわば実に面白い雰囲気があったかと思います。このことは、当時の同じ大学の教職員の方からも随分言われています。同じ年代の他の大学の活動家の方々とも、会うと、けっこう同じようなことを言われます。そして私は60年安保世代の方ともずっとつき合いがあります。唐牛健太郎さん、島成郎さんを始めとして(いやもうこのお二人も亡くなられましたね。その他の方も大勢亡くなられました)、たくさんの方とつき合ってきました。

 ただ、私たちのかなり年下の方から、私たちのことを不思儀なほど誤解されていることを感じています。私たちのことを左翼マルクス主義者だと断じて、それで私たちへの非難を繰り返されると、もう馬鹿馬鹿しくてなりません。それはたしかにマルクス主義者もいたけれど、みんな一色ではなかったよ。

 とにかく、粉川さんにこうして書いていただいて、ありがたいです。もっと私もいくつものことを学んでいきます。