b76b5215.jpg

 この夢のことは書かないでおいておこうと思っていました。
 でも今朝見ていた綺麗な夢のことを書いたことで、「あ、あの嫌な夢のことも書いておこう」という気持になりました。
 たしか1カ月くらい前です。

 私は夢の中で、ある女性の首を両手で締めていました。私はその手を緩めませんでした。別のその相手が憎いわけではなく、でもどうしてももう殺さないとならないという思いでした。
 そして私は夢の中で、その首を締めている相手の女性が、実は私自身であることに気がついていました。私は実は、私自身を殺そうとしていたのです。
 相手の女性は、抵抗することもなく、静かに殺されていきました。その相手の女性の穏やかな顔を今も思い出します。その穏やかで綺麗な顔を今も思い出します。でももう私は後戻りはしないのです。
 私にも孫が出来て、そしてとても可愛い。そして次女ブルータスが結婚しました。ブルータスはとても綺麗で可愛かったです。
 もう後戻りはできないのです。私はもう戻ることはしないのです。

 写真は、29日午後出かけたときに通りました王子柳田公園です。もうだんだん満開にちかずきます。