7f5cfefd.jpg さきほど、私の妻がおはぎのところへ行きましたところ、おはぎから私への手紙を運んできてくれました。なんだか、嬉しいんだけれど、手紙を読む私がちょっぴり羞しくて、そしてどきどきします。私は、「もうどんどん歳をとるだけなんだなあ」なんて愚痴っているのを、「ダメよ」と指摘してくれています。
 全文ここに書き出したいくらいですが、そうはできませんので、これからも、この手紙はすぐそばに置いて読み直していきます。
 私にも娘が二人だけではなく、息子も二人できて、初孫もできたのですから、もっと元気になっていかなければならないですね。
 そのことを強く思いました。
 これからまたいっぱいのことをやっていきます。
 写真は5月10日夜、おはぎ夫妻が来てくれて、もってきてくれた不二屋のケーキです。王子駅前の不二屋は復活したようです。