42938561.jpg 私はきょう朝6時20分頃目を覚ますと、リビングでの妻と義母の会話が聞こえてきました。義母はかなり記憶が曖昧になってきていまして、何度も同じことをきいてきます。もうときどき私はそれが堪らない思いになってしまうのですが、妻は懸命に何度でも同じことを丁寧に説明しています。でもその義母の声を聞きながら、私は私の二人の娘に、絵本を読んでくれている義母の声を思い出していました。その読んであげている物語も思い出しました。いつも義母は王子から私たちの住む我孫子の家まできて、自分の孫二人に絵本を読んでいてくれました。娘たちは、何度でも同じ絵本を読んでもらっていました。思えば、あれが二人が教員になって、生徒たちを教えることができる原点になっているんだなあ、と思っています。
 そういう意味では、私の母もよく絵本を二人に読んでくれていました。あれが今の二人になる大切なことだったのですね。
 たった今も義母は私にまた同じことを聞いてきました。リビングの電気のコードのことです。これを切られると、この部屋のランもつながらなくなりますから、それは駄目だとリビング行きまして、強く説明します。
 でも、「ああ、俺はちゃんとできているのかなあ?」と自分を反省します。強く説明しても、心の中だけは、優しい気持がなければ駄目なのです。(5/23)
 写真は昨日22日夜私の目の前を撮りました。左から「BUFFALO『SHD-U16G』」「グリーンハウスワンセグチューナー W-one GH-1ST-U2K」無線LANアダプタ『GW-US54GD』の各キャップです。