494ab9bd.jpg

 長女から、駅前に100円ショップができると聞いていて、「あ、必ず中に入ろう」とは思っていましたが、まだ一度も入る機会がありません。王子の駅前は、何度も通っていますが、でもどうしても急ぎ足で、中に入る時間を作り出せません。
 でも100円ショップって、愉しいですね。
 私の自宅のある我孫子にはありませんでした(あ、思い出すと我孫子駅のイトーヨカードーにあったかな)。お隣の柏にはありました。そして、私の前に事務所があった、御茶ノ水には、まったく皆無でした。これがもうとても不便でした。
 長女が住んでいた(もともとは次女も一緒に住んでいました)、駒込は、商店街にいい100円ショップが2件ありました。
 浦和の街でも東口には100円ショップがありました。
 そして、どの街でも100円ショップは売っているものが、いろいろと違います。

 いつも、あちこちの街の100円ショップに入って買い物をしているときに、「100円ショップって、何なのかなあ?」なんて考えています。
 私はいつも持っているデジカメを当初は、そのメーカーの専用ケース(ベルトに付けるもの)に入れていました。たしか3,500円か4,000円でした。でも今は100円のケースに入れてベルトに付けています。前のは、デジカメと一緒に長女にあげました。
 でも私も、100円ショップで、1個だけ買ったという経験はないのですね。なにかしら、他のものも購入しています。そして、結局、「これは無駄だったのではないか」というものもいくつかあります。なんだか、「ついでに買っている」ものが、なにかしらあります。
 なんか、この私もいつも落ち入っている「ついでに何かを買う」という衝動行為は何なのでしょうかね。

 7月3日夕方、王子の家の玄関です。