4d76c18a.jpg

 台風の中和菓子を買いました にも書いたのですが、昨日このさゝまへ行きまして、そこで掲げた写真の3つの和生菓子と、ここの掲げた2つの和生菓子を買いました。
 ここに掲げた「水羊羹(みずようかん)」と「久寿桜(くずざくら)」は、「きょう中に召し上がってください」と言われまして、「台風の中和菓子を買いました」の三つの「着せ綿(きせわた)」「鶏頭(けいとう)」「桔梗(ききょう)」は、「明日中にお願いします」と言われたものです。

店 名 さゝま
住 所 東京都千代田区神田神保町1丁目23
    電話03-3294-0978
営業時間 9時半〜午後6時
定休日 日曜・祭日
URL http://www.sasama.co.jp/

 私は、この店に入る前に、ここのご主人が店頭にたたずんでいるような思いがしていましたが、ご主人は店頭にはいませんでした。私の記憶の中のご主人は大変に若くて、お元気な顔をされているのですが、あれも30数年前の私の記憶なのですね。
 私が26歳の12月のクリスマスのときに、私が入社したばかりのニチイ学館で、自分の所属する部署の忘年会のときに、みんなのプレゼントを用意するように言われました。私は10月21日に入社したばかりで、入った保育(保母の通信教育と通学部もやっていました)部と、編集部(いくつかの雑誌を編集発行していました)の合同の忘年会でした。全部で20人くらいだったかな。やった御茶ノ水の中華料理店もよく覚えています。みんな私が予約しました。
 その日(たしか金曜日)の昼休みに私は、神保町をかけずり回って、クリスマスプレゼントをいくつも用意しました(たしか20人ぶんくらいだったなあ)。用意したものも8ケくらいは覚えています。いろいろと面白いものを用意しました。そうねえ、絵本の「しろいうさぎとくろいうさぎ」も綺麗な包装紙とリボンをつけて用意したものでしたね。このさゝまの和菓子も、たしか5つ包装したもの(もちろん、これ全部が一つのプレゼントです)を用意しました。
 ニチイ学館の寺田理事長も、この私たちの忘年会に最初だけ出てくれましたね(理事長はほかの部の忘年会も回るので大変なんです)。思い出せば、あのとき、私は当然に詩吟をやったものだったなあ。寺田理事長が、私の詩吟だけで、「入社させてよかった」と言ってくれたものでした。

 でもたしか、このさゝまは、このときの前に一度購入したことがあっただけです。そしてこのクリスマスのあと、もう一度買っただけです。そのあと30数年ぶりに昨日買ったものでした。
 でもでも、考えてみれば私はただの一度も口に入れたことはないんだなあ。

 きのう持って言って、食べてくれた彼女が、「洗練された味」というようなことを言ってくれました。とても美味しかったようです。また買ってきたいな。私の孫のポコちゃんが食べられるようになるのはいつのことになるのかなあ。