28320045.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻661号 2007-11-13
発行所 アスキー
定 価 330円
発行日 2007年11月13日発行
読了日 2007年10月30日

「松井のおもしろゼミナール第65講」の「検索の時代」が私には興味深かったです。今では、なんでも誰でもインターネットの検索でなにもかも調べてしまうのですね。
 以下に書いたのですが、

  http://shomon.livedoor.biz/archives/51088436.html 快男児佐藤勝利さんのことで

 この「壁と璧」のことを思い出そうとしても、インターネットの検索では無理でした。漢和辞典をしらべても、思い出せません。肝心の文庫本は絶版です。古書店歩いても見つかりません。もう落ち込んだものでしたが、どうやらブログにその悔しい思いを書いているうちに思い出せてきたものでした。
 だから、私にはインターネットの検索だけでは、どうにも頼りきれないのですね。
 それから、その一つ前のページでの本の紹介です。この本を読んでみます。

  佐野正弘『大人が知らない携帯サイトの世界−PCとは全く違うもう一つのネット文化−』」(マイコミ新書)

 たしかに、ケータイって、PCだけしかやらないと全然判らないものですね。私の知っている40代、50代の人で、パソコンは実によく使いこなせる方が、ケータイメールは絶対使わない人が2名いるのです。私はその人たちに、日本に漢字は入ってきたときに、「文字は絶対使わない」とか、明治期に、「ペンは絶対に使わない。毛筆がただしい」と言い張っていた祖先と同じだと言ったものです。そんな人(の子孫も)は、もうみな死に絶えました。
 私はケータイでインターネット関連はおおいに使っていきます。