36efdc8e.jpg

 清少納言と紫式部きなりずむ のきなりさんが以下のコメントを書いてくれました。

1. Posted by きなり    2007年12月16日 10:35
リンク、そしてトラックバックをありがとうございました!私は源氏物語は円地文子から入り、その後与謝野晶子、谷崎潤一郎と続きましたが、与謝野晶子がやはり読みやすかったです。しかしなんといっても、楽しいのは田辺聖子さんの源氏です!それから、これは私の中学(高校?)時代からの愛読書で、「むかし・あけぼの」がとても良いです。この本で私は清少納言のファンになりました。「田辺聖子と読む蜻蛉日記」も読んだはずなのですが、周さんがおっしゃった「自然に対する清少納言の考え方、紫式部の考え方、そしてもちろん蜻蛉日記の作者の自然のとらえ方」について、あまり考えずに漫然と読んでしまっています。また読み直してみたいと思いました!教えてくださってありがとうございます。

 ありがとう。そしてもう私はとってもこうしてきなりさんと会話できることが嬉しいです。 円地文子さんの源氏は読んでいません。でも読まなくちゃいけないなあ、今真剣に思いました。
 私が谷崎潤一郎の「新々訳源氏物語」を読んだのは、ちょうど東大闘争で府中刑務所に勾留されているときの1969年の7・8月でした。ちょうど岩波文庫の「ファーブル『昆虫記』」と一緒に読んでいたものでした。でも読んでも読んでも私には谷崎の描く源氏物語は難しかったのです。

 私はついこの間、妻に話したことなんですが、こんなことを言っていました。

 日本の女流作家というと、まず樋口一葉が浮かんでくるが、でもその他というと、例えば、坪井栄とか宮本百合子じゃ、しょうがないしなあ、私は宮部みゆきは好きだけど、やっぱり、この田辺聖子が、とてつもなくいいねえ、ほかにはね、いないなあ………なんて考えていたら、何を言っているんだ、紫式部と清少納言がいるじゃないか。おれは駄目だなあ………。

 ただ、紫式部は、清少納言のことをかなり嫌っていますね。仕方ないのかなあ。

 私が 周の雑読備忘録「『田辺聖子珠玉短編集6』」 の4 の中で、田辺聖子のあとがきの中の言葉を次のように抜き出しました。

あとがき
 田辺聖子は、「蜻蛉日記」のことを次のように言っています。

 これは哀切でやるせない私小説であるけれども、見方をかえると、ものすごいユーモア小説である。それが私のパロディ欲をそそった。 <荘厳と滑稽は紙一重の差だ> とナポレオンもいっている。『蜻蛉日記』はどんなにでも深刻に現代語訳できる古典で、事実、そんなのを好む人も多い。

 また、兼家について、このように言っています。

 兼家という男にピントを会わせればユーモア小説になり、蜻蛉という女にピントを合わすと深刻な悲劇の、 <女の一生> ものになる。私はユーモアのほうが好きだから、男にピントを合わせた。

 うん、だから面白いのですね。

 私は田辺聖子が書いてくれるのなら「蜻蛉日記」も読んでいけますが、やはり、本物は苦手ですね。
 源氏物語も、谷崎潤一郎が書いているのは、私にはどうしても難しすぎます。谷崎さんて、なんて真面目すぎるんでしょうか。

 でもこうして、きなりさんのように、ちゃんと古典の世界も知っている方のことを知り、そのお話も少しでも知ると、またちゃんと読んでいこうと思います。

 今ちょっと前に同じマンションのポコちゃんの家に行ってきました。ポコちゃん家族の年賀状の写真を撮るためです。もう3人は、綺麗に撮れましたよ。もう可愛くて可愛くて仕方ありません。私を見てにっこり笑ってくれるのです。

 写真は12月12日午後5時近くです。上野駅公園の上野の森です。