2017021313
c4baa375.jpg

 下北沢経済新聞 に以下のニュース がありました。

   http://shimokita.keizai.biz/headline/359/ 下北沢に古書店「ほん吉」−古書店勤務女性スタッフが独立開業

 これは私が 周の『独楽吟のススメ』の35 に次のように書きましたが、このとき3月2日に行ったときのことです。

 きょうは日曜日、またあるところまで行きます。どんな出会いがあるのでしょうか。

 3月1日と3日は我孫子の自宅へ行きましたので、その間の日曜日、「ハリーポッター」を持っているものすべて何冊も持って行ったものでした(実に重いので大変でした。もちろん、パソコン自作のパーツを運ぶキャリーカートを使いました)。このときのことは、周の『独楽吟のススメ』の35 へのコメント に次のように書きました。

きょうは、昨日開店しました、下北沢の古書店へ行ってきたのです。もう大変に気に入りました古書店とその店長さんです。そしてさっと見渡しましたところ、大変に本の品揃えが気にいりました。ただし、今の私は本を買うのではなく、私の数多い本を処分したいばかりなのです。我孫子の自宅の数多い本を整理しなければならないのです。
 でも、実に彼女とこのお店を知ることができたのは、大変に嬉しいことです。

 この新聞記事を読んでみてください。あの下北沢に、このような古書店がオープンしたということはとても嬉しいことだと思います。

 店主は加勢理枝さん。美大を卒業後、吉祥寺の古書店で4年間働き昨年独立を決意した。昔から本や古本屋が好きで、現在店舗にある約1万冊の書籍のうち半分は加勢さんが以前から収集していたもの。もう半分は独立を決めてから3カ月かけて集めた。取り扱う分野は小説・漫画・実用書・思想書など幅広く、「今日の夕食献立から人生の危機まで」(加勢さん)を扱う総合古書店を目指す。店名の「ほん吉」は、縁起良く「大吉」をイメージして名付けた。開店から5日ほどだが、老若男女問わずさまざまな客層が訪れているという。

 若い綺麗な女性が店主なのです。

 加勢さんは「お客さんは自分で読みたい本を自分で見つけ出す力があると思っているし、本にはもちろん人を引き付けるパワーがある。基本的にノンセレクトで本を置き、私は本とお客さんの間に入って交通整理をする『みどりのおばさん』の役割だと思っている」と話す。

 これはいいことを言ってくれていますね。ただ「自分で見つけ出す力がある」といいましても、このように、そういう本を比較的簡単に見つけ出すのに便利な場所を提供してくれていることは、私たちには実に嬉しい大切なことだと思います。
 ぜひ下北沢に訪れたときには、この古書店に寄ってみてください。

 この2番目の写真は3月4日夕方、王子の「千の朝」でも私の目の前。