8921bf1c.jpg

 吉本隆明鈔集「マルクスが当時の進歩的思想から頭一つだけ抜けていたところ」 に次のコメントがありました。

1. Posted by 一般法則論者    2008年05月15日 02:05
 マルクス主義は、昔も今もインチキなトンでも理論であることにはまったく変りがありません。
 で、まともな精神のヒトには理解しがたくて当然です。
http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/
 一般法則論
 理屈で説明しています。

 なんとなく、少々応えるのも嫌な思いもあるのですが、とにかく少し書きます。
 マルクス主義とマルクスというのは、違うものだと思っています。私はヘーゲルーマルクスと流れる哲学と、エンゲルスーレーニンと流れるマルクス主義とは、まったく違うものに思えています。
 私はここで述べたことも、もともと吉本さんが言われることも、マルクス主義のことではありません。マルクスの哲学のことを言っているのです。
 私はフォイエルバッハについては、『キリスト教の本質』『唯心論と唯物論』しか読んでいません。それで20台前半に読んだわけですが、要するによく判りませんでした。でも、エンゲルス『フォイエルバッハ論』と、マルクス・エンゲルス『ドイツイデオロギー』(これもまたフォイエルバッハについて書いています)は何度も読みました。そして、マルクスとエンゲルスというのは、違うなあと思ったものです。
 エンゲルスーレーニンと流れるマルクス主義は、そのあとはスターリン主義と言われるものになっていきます。でもこれはスターリンがいけないのではなく、もともとこうして流れてしまうものだったと私は思います。だが、ヘーゲルーマルクスの流れる哲学の路は少しも揺るがないように思っています。

 この写真は5月13日午後6時近くの千駄木「浅野」です。なんだか、何故かけっこう気持よく酔っていました。あ、もちろん、この頃はまだ酔ってはいませんが。