2d7ef044.jpg

 義母は、もうずっと介護のデイサービスを受けており、水曜日と日曜日を除いて、北区志茂にある「わが家」に行っています。ここは、私のサイドバーでバナーを置いてあります。
 それででも1カ月に1度4日から6日間くらい、お泊まりもしてもらっています。前には、ずっと我孫子の家がありましたから、そのときに行きましてかたずけをしていました。
 その義母がお泊まりします介護施設はいくつかあったのですが、来月6月に行ってもらうのが、以下のところです。

 http://www.kohoen.jp/web-ukm/kohoen/de.html うきま幸朋苑

 それで初めて行く場合には、前もって面接があります。それで18日に来ていただきました。それでいつも、この面接でいくつものことを聞かれ、そして私たちは聞かれるうちに相手の施設を感じとりまして、いつもそこで安心しているのです。
 それでお話している中で、ここは、もともとが鳥取県にある社会福祉法人が、東京都に進出して開設したものだということを聞きました、鳥取県といえば、私が、昔、沖縄や北浦和で働いた「日の丸土建」の多くの友人の故郷で、今でも「日の丸社」の名称の会社で、この県で土建業をやっている友人もいます。だから鳥取県は私にはものすごく思いがこもるところなのです。
 その鳥取にある社会福祉法人は以下です。

 http://www.kohoen.jp/ 社会福祉法人こうほうえん

 そして、この「うきま幸朋苑」も介護老人福祉施設だけではなく、以下のような大きな福祉施設でした。

 http://www.kohoen.jp/web-ukm/ ヘルスケアタウンうきま

 なつかしく日の丸時代を思い出すと同時に、義母が介護を受けることで、またここへも訪れてみたいなと思ったものです。
 こののサイドバーの「東京都北区王子のウェブサイト」にも、この「うきま幸朋苑」のサイトへリンクしました。

 この写真も5月17日の古河庭園の薔薇。今度はもっと画素を大きくして印刷にも耐えられるように撮ってきます。