cebecf15.jpg

 いまより無限の以前と、いまより無限の後と、どうつなげられるのかなという、そういう問題と情況の問題を一緒にかんがえないといけないんじゃないかと思います。(「よせやぃ。」『時代の自意識について───第五回座談会』)

 いやこれは私には大変に難しいなという思いです。情況のたくさんの問題を考えると、それへの自分の考えを出していかなければならないな、という思いはあります。このことを自分の自意識の中で明らかにしていかないとならないと考えています。

 写真は、5月26日の新『きゃらめる』の壁の装飾です。