e204867f.jpg

 とくに、「戸塚の思い出」とはいえないのですが、また書きます。

   昭和7年8月11日(木) 岸恵子誕生

 岸恵子さんは、私よりも16歳年上なんだ。私は1964年の7月に横浜に来ました。父母と弟はこの年の春に来ていました。そして大学を卒業した兄はある高校の教員になり、横浜の同じ家に住んでいました。
 その家は、横浜港北区の篠原町というところで、東横線の白楽駅から歩いて5分くらいの社宅でした。
 この篠原町の白楽というところは、実に高級な住宅街というところ(私の家は違いましたが)で、この私の家の上あたりのお屋敷に、岸恵子さんが住んでいるということでした。だから、どこかで遇うこともあるんだと聞いていましたが、私は遇ったことはありませんでした。でも思えばあの頃といえば、岸恵子さんは30代前半なんですね。
 岸恵子さんは、『男はつらいよ』でのマドンナ役も実に懐かしいですが、菅原文太の相手役をやったときも懐かしいな。映画ではなく、テレビドラマだったかなあ。最後のシーンで、花を持った岸恵子が、刑務所を出る文太に会いに行くシーンで終わったと思いました。
 そういえば、実際に文太さんとはお話したこともありますが、実にいい男です。思えば、彼はもともとは、モデルをやっていたのでしたね。でもなんだか、すべてが遠い思い出になりつつあります。

 この写真も、7月1日午後5時少し過ぎた時間、谷中のある家の前のお花です。