52d187c5.jpg

 周の雑読備忘録「船坂弘『英霊の絶叫 玉砕島アンガウル戦記』」 に以下のコメントをいただきました。

1. Posted by とーちゃん    2008年10月31日 00:51
はじめまして。私もこの本を25.6歳の頃出会い、衝撃を受けました。
祖父の影響で、かなりの光人社の戦記物を読んでいましたが、その中で船坂氏の「英霊の絶叫 玉砕島アンガウル戦記」が一番感銘を受け心に残った作品です。一冊読むのに何日も掛かるのですが、のめり込んで一気に読破しました。正にハマった本です。実話と思えない、まるで劇画のようにドラマチックで感動的な物語でした。今でもたまに落ち込んだ時などに読み返しています。私の人生のバイブル的本。

 コメントをありがとうございます。私が時々行っています、王子柳田公園そばのそば処『うつ木』 で、このお店の若いご主人がこの文庫本を私に貸してくれたものです。
 私が本を読むのは、電車の中と、このパソコンを打っているときに再起動のときだけですから、少し時間がかかりました。それで、この船坂弘さんは他にも本を書かれていることを知り、今後も読んでいくつもりでおります。
 ただ電車の中では、ときどき涙が溢れてきて、頁を閉じたことが何度もありました。私は1年間に300冊の本・雑誌を読むことを自分に義務としていますので、かなり必死に素速く読んでおります。
 昨日行きました飲み屋でも、そこのご主人とある作家の本のことを熱心にお話していました。本を読んで、その読んだことへの思いを書くくらいが私にできることです。そうでないと、ただの酔っぱらいになってしまうだけです。

 写真は10月28日、ナミちゃんの家の「談話室『ルミエール』」で私が最初に目に入ったものです。