31edac9a.jpg

 僕はこれまでいろんなことを偉そうに言ってきたかもしれないけれど、そこでなにも答えられないということは、要するにお前の考えはダメだということを意味すると思いました。少しでもいいから、答えがあるみたいだ、ということでもいから、そういうことをそこで言えなければ嘘だと感じました。それじゃ、今ならなにか答えられるかというと、答えようと何年かしてきましたけど、やっぱり自信がねぇなと思います。自信がある答えが見つけられないです。
 これはダメだ、自分がやっていることは全部嘘で、全部ダメじゃないかおまえ、とそのときも思いましたし、今でもそう思います。
(「吉本隆明の声と音楽」)

 ここままで吉本さんが言われることを、今の私はかなり辛く聞いているつもりです。私も思えば、一体何を考え、何をやってきたのかなあ。なんだか、大変に辛い思いを抱いてしまいました。でもきょうも明日も、まだ生きていかなければならないわけです。なんとなく、まだまだこうした辛いときは連続して続くのですね。思えば、死ぬ時まで続くのだろうな。

 写真は、17日の午後5時頃のこの家の玄関に置いてあるお花です。けっこう咲いてきました。