6e39dd7c.jpg

 本日11:15に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2009/01/11 【No.1768】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 2009年1月の 11日の メルマガ出す時

発行を滞っていて申し訳ありません。楽しみが出てこない訳ではなくメールマガジンに載せる時間が無いのです。きょうは1月11日、語呂がいいので 今日こそ出そうと・、11時11分に

 いや、私は、よくこうして詠めるものだなあ、と感心しております。

たのしみは はっこう違いの 発酵に 力注いで パン作る時

凝り性で飽き性の私は今パン作りに力を注いでいます。生まれつき不器用で勘が鈍い私に 商品になるようなパンが作れるのかしら?

 私の長女の家にパン焼き器が贈られてきました。もうそれで作られるのをみて、ただただ驚き感激しています。

たのしみは 二十日(はつか)もすれば 立春の 声聞かれるのだと わくわくする時

私は2月1日生まれ。春立つ日の前に生まれてきました。寒いの苦手で、蓑虫のようになっている冬場です。早く春が来ないかなぁ!!

 もうすぐ春になるのですね。早いなあ。我孫子の家を家族みんなでかたづけていたのは、昨年の3月のことなのですね。あのとき、大きなお腹をしていた長女は、無事の赤かちゃんが生まれました。

たのしみは ウインドウズの ビスタなる 怪獣ようやく 馴染みくる時

私にとっては進化は進化ならず、まぁ付いて行けない私がいるのです。なじんだ頃にまた新しいものが出て・・・、畳と夫とウインドウズはなじんだものがよろしい。(かく申す私はひとりもんじゃが)

 ビスタにも私はまだよく馴染めないなあ。もう無理やり、ただただ使っているだけです。使わないと、もう何もできなくなる私なのでうs。

 写真は1月3日午後です。神田明神の能楽堂を見ています。