54051f54.jpg

 でも、家だとなかなか書いていられません。家だとデスクトップで書いたほうが早いからです。ただ電車の中ですと、ノートパソコンでは起動に時間がかかります。だからポメラがいいのですね。ただし、電車の中は、また読書の場でもあるのです。
 以下は12日に食事をしたあとに書いたものです。

2009/02/12 07:23毎日血圧をはかっていますが、どうしても高血圧ですね。なんとか血圧を下げたいのですが、どうにもなっていないことをいつも感じてがっかりです。
 この時間は、いつも食事をしたあとのときです。
2009/02/12 08:10まだ、9時前ですから、いくつもの用事をすませています。
2009/02/12 08:15朝ドラの開始です。

 いえ、さきほど、SHIROのポメラ日記 に アクセスしましたところ、「[子どもと携帯電話]大人の皆さんへ:(1)家庭を子どもの居場所に」という新しいUPがあり(今後連載されると思いますよ)、ちょうどその前に、「香山リカ、森健『ネット王子とケータイ姫』」の最初を読んだばかりで(私はトイレでも読書します)、中に書いてありました柳田邦男さんの馬鹿なまったく阿呆な意見を読みまして、次のこの斎藤さんのページとその中でリンクしてある『吉田賢治郎さんのブログ「けんじろうとコラボろう!」』(私のこのブログのサイドバーでリンクしています)を読みまして、実にこの斎藤さんと吉田さんの言われる、ごく当たり前なことに感激いました。
 でも感激するばかりではなく、私自身も言い続けるべきですね。そのことを強く感じました。

 この画像は、また画像が足りないので、撮ったものです。でも「なんで、こんな雑誌を買ったのかなあ?」なんて思って、こうして写真を撮って、その訳が判りました。私はもともと、この雑誌の編集者の渋谷陽一さんも好きなのですが、ここにある「吉本隆明『言語論要綱−芸としての言語』」を読むためでした。渋谷さんだと、こうして吉本隆明さんは、書かれるのですね。