1cb30617.jpg

 SHIROのポメラ日記このUPがありました。今ごろになってしまいUP致します。

 さて、これまでは大人向けの話を書いてきましたが、今度は携帯を使っている現役世代である、子どものみなさんへのメッセージを書いていきたいと思います。

 昨日私は私の高校時代の友人から、葉書をもらい、その彼に携帯のメールアドレスを聞きまして、それでケータイメールしました。今後これで連絡を取り合います。もちろん、手紙も書くつもりですが、ケータイメールはとにかくいいです。多くの子どもたちが使っているのは当然だと思いますね。

 携帯の問題に限らず、これからのネット社会を生きていくために考えて欲しいと思うこと、これから大人になって社会を創っていくみなさんへの私の願いなどを書く予定です。
 「やっぱり大人は何もわかってない」と思われるかもしれませんが、読んでみていただけるとありがたいです。
 また、「子どもはこう思ってるんだ」といった、コメントや意見などをいただけると嬉しいです。子どものみなさんに何ができるかが一番大事ですから、私も勉強していきたいと思います。

 私には、今二人の娘夫婦と今は二人の孫がいます。きょうは千葉のマザー牧場でみんなで会います。やがて、この孫ともケータイメールで連絡取り合うのが嬉しいです。
 私は二人の娘には、保育園のときも、小学校、中学校、高校、大学のときも、いつも出かけていました。そして職場にも絶えず出かけました。私が知り合った限りの親にも、それを勧めてきました。職場の同僚たちともけっこう知り合いになっています。
 メールは使える先生方で、「でも私はケータイメールは使いません」なんていう先生に、「先生! 何を言っているのですか。大和時代じゃないのですから、『私は字を使いません』なんて言い張った人はみな滅びましたよ」と言って、「あ、私も使っていきます」と言わせてきたものでした。

 でも、あなたの人生はあなたのものです。あなたの価値はあなた自身が決めるものです。
 親や先生や友達が決めるものでは無いし、テレビやマスコミが決めるものでもありません。
 他の人が何と言おうと、あなたという人間はあなた一人しかいない、かけがえの無い存在なのです。
 まず、今ここにある自分を抱きしめて、大切にしてください。

 この通りです。だから私は私の娘もその彼も孫たちも大事にしていきます。

 先の記事にも書きましたが、自分を大切にする気持ちを思い出させてくれる本を紹介します。
 やさしい雰囲気のイラストと深い内容で、とてもおもしろい本です。ぜひ読んでみてください。

 パット・パルマ−「自分を好きになる本」
 パット・パルマ−「おとなになる本」
 パット・パルマ−「夢をかなえる本」

 この3冊は、もう読みました。ただまだ、「自分を好きになる本」の感想しか書いていません。ちょっと必死にやっても時間が足りない感じなのですね。いい本です。とにかく、今後もこの彼女の本を読んで参ります。

 この写真は3月17日の午後5時20分。長女の家から帰るのに、梶原商店街に向かいます。途中にあるお店の前に、この梅の木がありました。