ce74570b.jpg

 SHIROのポメラ日記このUPがありました。

 前回の記事で、あなた自身を大切にして欲しい、という話を書きました。
 同じように、あなたが「自分で考えること」も大切にしてください。
 今は情報社会で、テレビやマスコミ、インターネット上には大量の情報があふれています。でもそれらをそのまま鵜呑みにしないで、自分で考えて判断してください。

 この通りだと考えます。「自分で考える」ということがとても大切です。

 よく「みんな〜」「普通〜」「常識」などの言葉を使って、「みんなと違う」人の事を「おかしい」「ヘン」と言って、仲間外れやいじめにつながる事があります。

 私は大昔から、「みんなと違う人」でしたね。ずっと下着はふんどしだし(しかも今はずっと赤ふん)、酒飲んでいつも詩吟をやっていました。思えば、私はそれで良かったわけですが、孫たちはどうなるのかなあ。いつもじいじがいて、じいじが好き勝手なことを言い続けていくことでしょう。もうそれでダメって言われたら、じいじは大声で泣いちゃうからね。

 しかし、「みんな」「普通」というのは心の幻想です。なぜなら、周囲の全員にアンケート調査をして、100%の回答が返ってきた訳ではないからです。
 それなのになぜ「みんな」「普通」と言うかというと、自分で判断できないから、あるいは自分で責任を取りたくないからです。ですから、「みんな」「普通」というのは無責任な言葉なのです。

 その通りです。「私はこう思う」と言い切ることが大切なのです。私は子どものときから、ずっと一貫として、そうしてきました。私は子どものときから、ずっと引越ばかりしてきて、学校も転校ばかりしていましたが、まったく同じ姿勢でした。

 これを読んでいる人の中には、「おかしい」「ヘン」などと言われて、悲しいいじめにあっている人もいるかもしれません。
 しかし、あなたはあなたであることに価値があります。「みんな」と違っていたっていいのです。自分の考えを持つこと、自分自身であることを大切にしてください。
 いじめは、いじめる側が100%悪いです。あなたが悪いわけではありません。それだけは自信を持ってください。

 私は私の孫をいじめる奴がいたら、そいつを殺すかもしれません。これは当然の思いです。そういう思いで、ずっと生きてきたものです。

 一つ前の写真と同じく、この花は、長女の家から梶原商店街に向かうところに咲いていた梅の花です。