a3266034.jpg

 本日06:00に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2009/04/02 【No.1805わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

エイプリル・フール、遊び心のある人相手でないと言えませんね。そして可愛いウソが言えるとうれしいけれど、言えませんでした、私の頭も固くなっているのでしょうね。

たのしみは 孤独と自由 友にして 子や孫見つつ 生きていく時

寂しい!と切に思うときがあります。でも、続きません。自由だなぁと嬉しいこともあります。これもずっと続かない。でも、両方本当。お迎えが来るまで 子供や孫を見守りながら生きていくのは幸せなことです。また可愛い孫が増えます。何だかうれしい。

 私の孫のポコ汰、昨日は保育園の入園式で緊張したようです。だからきょうは、私とばあばが行きます。もう私の娘二人が保育園に行き始めたときから30年が経ったのですね。

たのしみは 買い物依存も ほどほどに 手作り生活 実践する時

手作りは心を癒してくれます。料理も衣服もできれば手作りが好きです。

 いいですね。羨ましいな。手作りなんて、なーんにもできない私です。

たのしみは 眠れぬ夜に 湯を張って ゆっくりのんびり 身を浸す時

眠れなくても気になりません。「うつ」を患った時には眠れないことが苦痛でした。不眠でも苦痛でなければ「うつ」と言えないのでしょう静かに独楽吟なんかを作っています。

 私は大人になってから眠れないということが皆無になりました。もうただただすぐに眠ってしまいます。

 写真は3月31日の「周の散歩」の最後に歩いたところのそばの家の前を撮りました。