1399dcd1.jpg

 私の 周の掲示板お留守居役様 から以下のコメントがありました。

鹿島茂『吉本隆明1968』読み終えました。  投稿者:お留守居役様  投稿日:2009年 6月 2日(火)11時58分31秒
 転向論、出自の下町中産下層階級からの離脱、
大衆の原像から自立の思想に至るまでが、自身の体験と併せて詳説されています。
最後に述べられている「ユース・バジル(過剰なまでに多い若者世代)」説は、知らなかったので意表を突かれました。

 ええと、私はこの翌日6月3日に読み終わりました。ほぼ前日電車の中で読んでいまして、3日に最後をこのパソコンの前で読んでいました。
 この著者は、私より1歳年下で、東大闘争で同じ時期に同じところにいたのですね。
 本を読んだことのメモを書かなくてはいけないのですが、もう何冊もありまして、困っているところです。

 この写真も6月17日の午後6時30分寸前の飛鳥山公園の線路わきのあじさいです。