63d0ad8d.jpg

 私の 周の掲示板 に引き続いて松山博さんからの書込みがありました。

瀧川事件の歌について(2)  投稿者:松山博  投稿日:2009年 6月26日(金)09時26分4秒
 ブログを読みました。ご丁寧な回答に感謝の言葉もございません。
しかし周御大でも分からないとは遺憾の極み。
分中の「わが青春に悔いなし」の題名は聞いたことがありますが、一度見てみたいものです。  

 いえ、もう申し訳ないという気持です。ただ、この「わが青春に悔いなし」の映画の一シーンでこの歌が唱われているだけですからね。この映画はビデオ屋で借りられると思いますから、今のうちに見ておいてください。そのうちすべてDVDになってしまいますよ(いえ、DVDでもいいわけなのでしょうが、私は見られないのですね。昔のビデオというアナログでないと駄目なんですね)。
 私が見た原節子の中で、私には一番彼女が美しく見える映画です。
 でも私は、以下の中で

   http://shomon.net/eiga/movie6.htm#ewaga わが青春に悔なし

 この幸枝のところに糸川が尋ねてきます。糸川の前にたくましく日焼けした幸枝の姿があります。糸川は何か後ろめたいのか、元気がありません。私には何故かこの映画の中で、この時の原節子が一番美しく思えます。「もうこの指では、ピアノなんかひけませんわ」という原節子の指ほど美しく見えたものはないのです。

と書いていますが、それは嘘です。このときの幸枝の役割の手ではなく、女優の原節子の手を私は美しいと感じていたのです。
 私はこの映画を並木座で見た頃好きだった女性は、実に綺麗な手をしていました。私はその手が好きでした。でもその女性の手はいつも水仕事で雑巾を絞ったりしているから、いつも手にまめができていました。私はその手を綺麗だと思っていたのです。

 ああ、原節子を見てみたいな。また北鎌倉を歩こうかな。まず会える可能性は限りなく0だとは思いますが。

 この写真は、6月25日の午前5時代の私の住むマンションの前の路です。