ce84094a.jpg

 昨日は、この地区のお祭りがありました。この家から歩いて10分くらいの広場にたくさんの親子連れが踊っていました。
 夜の7時半頃長女から、家族でこちらへ来るという電話がありました。うちの近所のリノちゃん親子とお祭りに行くというのです。実はあとで、聞いて、かつ写真も見たのですが、ポコ汰のおうちのプール(これは外に出して、その中に水を入れて子どもが遊べるものです)に、リノちゃんとポコ汰とポニョが3人でプールに入っています。気持よかったでしょうね。そのときに、夜はみんなでお祭りに行こうと約束したのでしょう。
 すぐに4人が来まして、でもポコ汰は家に入ろうとしません。すぐにリノちゃんとお祭りに行く気なのです。でもみんなで説得しました。リノちゃんだって、まだ浴衣を着ていないのです。
 やっと家に入って、しばらくしてリノちゃん親子が来ます。すぐにみなで出かけます。私も妻もまた家に残されます。私はただビールを飲んでいるだけでした。
09081712 しばらくして、私もお祭りに出かけます。玄関の扉をあけると、もうお祭りの音が聞こえています。
 午後8時少し前に、私は歩いて8分くらいの豊島1丁目のお祭りの場へ行きました。もう大勢の人ですが、いくら歩いても、ポコ汰たちは見つかりません。

 しばらくして、そこから5分くらいのお祭りの場へ歩きます。こちらのほうがもっと大勢の人がいます。そこでリノちゃん親子と会います。ポコ汰もそばにいるといいます。すぐに、ミツ君と抱かれているポニョに会います。そして、ポコ汰とおはぎにもあります。ポコ汰はラムネを飲んでいました。
 そうしたら、顔見知りの美人に会いました。彼女も子どもを2人(男の子と女の子。でも彼女の子どもは男の子2人のはずです。どこへ行ったのかなあ)連れています。彼女は犬も連れていました。またこのときの印象を手紙にして書きましょう。
09081712 それで、みんなで家に帰ることにしました。だってもう9時をすぎています。
 でも私がポコ汰のそばへ行くと、「じじとは手をつながない」と強く言われます。もう私はがっかりです。おはぎが、「もうポコ汰は大きくなったのよ。パパとも手をつながないのだから」。そしておはぎママとも手をつながないそうです。
 でもでも、リノちゃんとはちゃんと二人で手をつないでいるのですね。なんとなく、悔しくて、少し哀しくて、でも二人で手をつないでいる姿を見ているのが嬉しいです。
09081714 かくして家に帰ってきても、もうポコ汰はリノちゃんの家にすぐ行こうとします。私とばあばはそれを抑えて、「もうおしめ替えないといけけないでしょう」といいいます。
 それで、おしめ替えると、もう靴を履いて(こういうことは私が手伝ったいます)、パパママが来なくても、すぐにリノちゃんの家に行きまして、もう二人で家の中に走って行きます。
 そのあとで、おはぎとミツ君がポニョを抱えてリノちゃんの家に行きました。
 それで私たちの役目は終わりなのでしたが、でも私はリノちゃんとポコ汰が二人でしっかり手を結んでいる写真をプリントしました。
09081716 このプリントを2枚と、その他ポコ汰の忘れ物を、リノちゃんのお家へ届けました。

 すごく愉しくて嬉しいのですが、でもじいじとは手をつないでくれないポコ汰には、少しというかおおいに寂しい私なのでした。

 この5枚の写真は、8月17日に家族6人で行きました赤羽のあるところです。この船でいっぱい遊んだのです。でも写真では、ほぼ子どもたちがいないようですが、実はもういっぱいの子どもたちでした。自分の孫を撮るのは別にして、こうして必死に他の子も撮らないようにして写真を撮ったものです。