2009年10月07日

吉本さんと慶太郎さんの本をただ読むだけにしていました

2017031512ba4f1759.jpg

私は読んでいる本は、吉本(吉本隆明)さんと長谷川慶太郎の本はいつも書店(ほぼ八重洲ブックセンターが多い)かインターネットでアマゾンで買っています。その他の本はすべて図書館です(あ、雑誌は購入していますが)。
それで、図書館の本ですと、返す期限がありますから、読み終わったら、このブログに、「雑読備忘録」を書いてから返却しています。でも自分で購入した本だと、返却しないでいいわけで、ついつい備忘録も書かないままになっていました。
これはまずいと強烈に思ったわけです。
一昨日読み終わった「2010年長谷川慶太郎の大局を読む」(李白社)で、「あれ、このところ何も書いていないな」と気が着きまして、ちゃんとしていこうと思いました。
ただただ、羞しいことです。

私が読み終わった慶太郎さんの本で、私が何も書いていない本は以下のようにありました。

昇気流に乗る10の至言(KKベストセラーズ)
日本経済はV字回復する(李白社)
日本は「掃き溜めの鶴になる」(PHP研究所)
「経済戦勝国」日本の底力(出版文化社)

このあと、間違いなくここに書いていきます。ただし、時間はかかるでしょうが。



2番目の写真は10月6日の午後12時24分。図書館分室から戻ってきました。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔