2009年10月10日

周の雑読備忘録「『図書新聞第2937号』」

b92bddd1.jpg

新聞名 図書新聞第2937号
発行所 図書新聞
定 価 240円
発行日 2009年10月17日
読了日 2009年10月9日

 昨日この新聞を手にとりまして、「あ、二木さんだ」と声をあげました。たしか彼とは数年前に日比谷公園から東京駅まで一緒にデモをしたことがありました。
 昨日は、酒も飲まず(いや実は熱を出して、『きょうは止めよう』と思ったのでした)、この二木さんの記事を読みました。

評者◆二木啓孝(聞き手・小嵐九八郎) ジャーナリストの原点は学生運動に――二木啓孝氏に聞く 60年代・70年代を検証する

 この方は1949年生まれなのですね。私は私と同じお歳(周は1948年昭和23年5月30日生まれ)だとばかり思い込んでいました。それにこの方は鹿児島にも住んでいるのですね。そうすると同じ時期に鹿児島市にいたわけだ(周は小学校6年6月昭和35年から、高校1年7月昭和39年まで)。
 でもこの方はブンドの情況派でずっとやっていられたのですね。この情況派なんて実際には接したことがありませんので、私は活字で読むだけですね。でも読んでいまして、よく判る気持がしました。そもそも、やっぱり三派全学連であり、そしてブンドが中心だったのでしょうね。
 でも雑誌『情況』をずっとやられていたのですね。情況出版か、なんて思いました。そして情況派と雑誌『情況』は関係があったと考えてもいいのかな、と思ったものです。
 そうですね。最後の二木さんの言葉を以下書きます。

 最近思っていることは、苦労は報いられないと思ったほうがいいということです。苦労は報いられるから頑張るのではなくて、報いられると思って苦労すると裏切られる、そんなことは嘘だとわかるということがあるわけです。どんどんあがけば、報いられるということの意味がちがったものになってくるんじゃないかと思います。自分をみても、志というほどの志はないけれど、一個一個、そこであがいてきましたね。これからもあがくでしょうね。

 私も当然ずっとあがいていくと思っています。

評者◆秋竜山 地方の空気?、の巻

で、「堀井憲一郎『落語論』(講談社現代新書、本体七二〇円)で、〈落語は都市にしか存在しない〉が面白かった」というところで、この本を読んでみます。

 私はこうしてこのブログに記録して、それで本を探すのです。自分でメモしても無くします。まだ自分にケータイメールしたほうがいいです。このブログに記録があれば、いつでも参照できます。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔