JIN(仁) 第16巻 (ジャンプコミックスデラックス)
JIN(仁) 第16巻 (ジャンプコミックスデラックス)
クチコミを見る

 龍馬暗殺を阻止すべく、南方仁は仁友堂全員で京都へ旅立ちます。龍馬暗殺は歴史の事実であるわけですが、ぜひとも阻止していただきたいなと思います。
 それと龍馬の船中八策は実にいいです。これで思い出していました。
 あ、龍馬の船中八策を以下あげてみます。

一、天下の政権を朝廷に奉還せしめ、政令宜しく朝廷より出づべき事。
一、上下議政局を設け、議員を置きて万機を参賛せしめ、万機宜しく公議に決すべき事。
一、有材の公卿・諸侯及(および)天下の人材を顧問に備へ、官爵を賜ひ、宜しく従来有名無実の官を除くべき事。
一、外国の交際広く公議を採り、新(あらた)に至当の規約を立つべき事。
一、古来の律令を折衷し、新に無窮の大典を撰定すべき事。
一、海軍宜しく拡張すべき事。
一、御親兵を置き、帝都を守衛せしむべき事。
一、金銀物貨宜しく外国と平均の法を設くべき事。
 以上八策は、方今天下の形勢を察し、之を宇内(うだい)万国に徴するに、之を捨てて他に済時の急務あるべし。苟(いやしく)も此数策を断行せば、皇運を挽回し、国勢を拡張し、万国と並立するも亦敢て難(かた)しとせず。伏(ふし)て願(ねがは)くは公明正大の道理に基(もとづ)き、一大英断を以て天下と更始一新せん。

書 名 JIN−仁−第16巻
著 者 村上もとか
発行所 集英社
定 価 530円
発行日 2009年10月7日第1刷発行
読了日 2009年11月5日

 この単行本の裏面にある解説です。

 幕末の世で築き上げてきた医学的業績と知己により、窮地を脱し、仁友堂に戻った南方仁。偽薬の疑いも晴れ、ナポレオン三世からの仏国招待、松本良順からも奥医師へ誘われる。だが、たとえ歴史を変えようとも龍馬暗殺を阻止したい仁は仁友堂総出で京へ旅立つ!!

 扉にある著者の書いていることです。

 遂に政権交代となった幕末日本。巨大な前政権は、ほぼ250年以上政権を運営しながらも海外から波及した大きな時代の変化に適切に対応することが出来ず、民心を失い、ついには大政を奉還しなくてはならない事態となってしまいました。・・・何だか今の日本と似ていませんか? だとすれば、これからよく長く続く戦と混乱の時代が続くのでしょうか?新しく民主的な日本の始まりとなることを筆者も祈らずには、いられません。

 このドラマは、このあとどうなるのかなあ。できたら、龍馬が暗殺される寸前に2000年の仁が生きていた世界に、龍馬こそが旅だってほしいな。
 ただそうなると、また別な物語になるのでしょうね。そんな物語もまた見てみたい思いになります。

 この漫画は、私の妻も昨日8日に読み終わりました。私の長女も読み始めていますから、これで私の家族4人が読んでいることになります。