4efe1067.jpg

新聞名 図書新聞第2943号
発行所 図書新聞
定 価 240円
発行日 2009年11月28日
読了日 2009年11月21日

 最初に以下を読みます。いつものことですが、なぜかそういうふうになってしまいました。そしてそこで紹介してある本も読むようになりました。

評者◆秋竜山 老化だろうか、の巻

溝口徹『「脳の栄養不足」が老化を早める!』(青春出版社、本体七七〇円)では、老化はトシではなく、脳のせいだという。
 〈そもそも老化とは何かということについて、一応の定義をしておこう。医学的には、「年々歳を重ねていく加齢とともに、身体の臓器の機能が低下して、ホメオスタシスの維持が困難になり、死に至る過程」を老化としている。何やらさっぱりわからない、というのが大半の印象かもしれない。噛み砕いて説明すると、ホメオスタシスというのは生体恒常性のことで、身体の内部や外部に変化が起きても、身体を一定の状態に保とうとする働きのことだ。〉(本書より)

 脳がいわば老化していくと、歳をとったということなのですね。そしてそれがやがて死に至るのですね。死に至ったときに、脳と身体の停止が一致するのかもしれません。
 私にも、もうそんな彼方のことではないのですね。そんなことをいつも思います。

評者◆とよだもとゆき インターネット時代に新聞と記者のあり方を考えさせる――昭和の諸事件を見つめてきた記者たちの多彩な人生の軌跡現代史の目撃者 朝日新聞記者たちの昭和事件史上原光晴 光人社

 ここで、次を読みまして、少しだけ違和感があります。

 新聞をとりまく環境は、いま厳しさを増している。若年層の新聞離れが進み、広告収入の減少は経営基盤を揺るがしている。インターネットの普及でWEB上には情報が溢れ、わたしたちの情報源として新聞が果たす役割は低下しているようにみえる。
 しかし、新聞の存在意義が薄らいでいるわけではけっしてない。たしかに市民参加のインターネット新聞にも独自の役割はあるものの、情報の妥当性には疑問が付されるし、鳴り物入りでスタートしたものの、立ちゆかずに撤退したネット新聞もある。

 紙の新聞は次第に存在価値が薄れていくのは、もう必然なように思います。私も紙の新聞よりも、インターネット上でそのデータベースを読んだほうがいいです。ただ来年春から、日経新聞のインターネット版が開始されるようですが、これは従来の新聞の過去データベースとは違うものだろうと私は予測し、期待しています。
 たしかに、従来の新聞をインターネット上で読むのとは違うものができていくと思っていますね。そもそも私は新聞を紙で読むよりも、パソコンの画面で見たほうが読みやすいのですね。
 だから私は、「記者」は存在し続けるでしょうが、いわゆる新聞記者ではない、記者が出てくると思っています。当分は従来のフリーライターが活躍する場なのでしょうね。

 それで私は一面に戻ります。
 レヴィ・ストロースが亡くなったときは、新聞で知って、声をあげたものでした。100歳だったのですね。その彼に関する記事と彼の顔写真が一面です。

評者◆今福龍太 追悼 クロード・レヴィ=ストロース 世界の変容を直覚しつづけた頭脳

 『悲しき熱帯』で、文化の喪失を哀悼する甘美さと、搾取的調査者であることから免れない潔癖な負い目とともに回想されたブラジル。そのインディオの赤い大地は、蟻塚の林立する荒野でもあった。シロアリたちの群が土を円錐形に盛り上げてつくった塔のような蟻塚の内部に張り巡らされた稠密なサーキットを想像しながら、レヴィ=ストロースはそこに野生の頭脳が外在化されて屹立しているのだと信じた。彼は書いた。頭蓋骨という蟻塚のなかに収められた無数の神経細胞から成る別社会と、それに対してロボットのように働く私の肉体とのあいだの闘いに巻き込まれた争点こそが「私」である、と。私は存在するとしても、それはいささかも個人的なものではない。レヴィ=ストロースの「私」とは、主体化され特権化された個人が生きる世界にははじめから居場所を持たなかった。

 うーん、ちゃんと私も読んでいかないといけないな。思えば私は彼の本は書店で背表紙を見ているだけでしあtね。反省しなければなりません。
 サイト限定情報の

評者◆増田幸弘 ヤン・ライヒの思い出
評者◆杉本真維子 見ちゃいられないよ。

 これは二つとも、実にいい内容でした。私もいくつかのことを思い出し、そしてまた改めてここを読み返したものでした。