10022403 ちゃんと私もたくさんのことをやり切っていこうと思ったものです。

2010/02/23 08:22「ウェルかめ」を見ています。万年貧乏研究生か、・・・、うーん、そんなものかなあ。
2010/02/23 09:34義母の「わが家」からのお迎えを待っている時間です。リビングにいます。今朝はよく晴れていますね。
 あ、二日間この「周のポメラ」をブログにUPしていませんね。このあとやななくちゃな、と思っています。でもこうしてポメラを打っていると時間の歩みがのろい感じですね。不思儀だなあ。
 それから「読書さとう」で「エウリピデス『メディア』」のことを書かなくちゃいけないなという思いです。イアソンと家庭を作って、でも自分のお腹を痛めた子をイアソンの子どもだからというので殺します。そして雲に乗って高笑いしながら、コルキスに戻ります。でもその前にもう一つのことをやるのですね。そんなことを思い出しましょう。
2010/02/23 09:46いつもこうして待っている時間がけっこう大変です。
2010/02/23 09:49こうしているときにいろいろなことが頭に上ります。今は唐時代の中国を思いました。決して肯定できない唐の姿です。
 思えば、日本はいくつものことを中国から学びましたが、学んでも導入しなかったものがいくつもありますね。それは日本の私たち先祖の素晴らしい能力でした。今それを大きく感謝しています。
2010/02/23 09:56もうお迎えの時間なのですが、電話がなりません。困ったなあ。
 昨日長女の家でツイッターをやっていまして、「困ったな」なんて書いていたら、長女と孫の声が聞こえてきました。3人で医院へ寄っていたのでした。
 昨日も孫に会えると嬉しいのですが、でも少し躊躇もしてしまいます。ポニョはものすごく食べるのですもの。でもポコ汰もポニョもいい子です。お兄ちゃんも妹を思い、妹もニイニイを思っています。これが、私のおはぎ、ブルータスの姉妹とは違うところです。たぶん、同性で一つ違いだったからでしょうね。ポコ汰とポニョが二つ離れているのとは違うのでしょうね。
 ブルータスとおはぎは喧嘩ばかりしていました。とくにブルータスのお姉ちゃんへの対抗意識はものすごいものでした。もうただただ驚いていたものです。でも思えば、姉のおはぎがよく我慢してくれていました。今では、もう妹ブルータスは姉を慕うばかりです。
 でも私親父は何になっていたのかなあ。なんとなく、役に立たない親父でしたね。その反省を私も忘れないようにしていきましょう。
2010/02/23 12:55今食事を終えました。朝には二人の娘のいくつものことを思い出していたのですね。
2010/02/23 18:16長女の家に来たのですが、ポコ汰が泣いていて、じいじは困っています。
 ばあばのトンカツをあげようとしたら怒られました。じいじはお馬鹿のようです。どうして私はいつもお馬鹿なのかなあ。

「日本はいくつものことを中国から学びましたが、学んでも導入しなかったものがいくつもあります」と書いたのは、一つには宦官のことです。遣隋使、遣唐使の頃、日本はけっしてあの制度を入れませでした。思えば、日本だけじゃないかなあ。