http://japan.zdnet.com/ ZDNet Japan

に、この記事がありました。
 今では、メールが一番コミュケーションを取ることの最大のものでしょう。さらに、ケータイメールだとその速度においてはいうまでもありません。いくら電話が直接相手と話せると言っても、電話できない場所も多いものです。ケータイメールは長くは書けませんが、その中で「あとで詳しくはメールで」とでも書いておけばいいのです。
 でもこのなかでもツイッターも書かれていることに納得します。これも実にリアルタイムですからね。これをけっこう薦めているのですが、まだ私の年代等では、なかなかやってくれません。いやたぶんやってみているのでしょうが、パソコンやケータイで文字を書いて送付するということが難しいのでしょうね。いや、みんな文字も打てるし、メールで相手に送ることはできるのですが、それでいいのか自信がもてないのですね。
 いや、そうだ。私の同級生にはケータイメールはできない人がいたな。私は手紙もよく書くのですが、それもできない相手だと困り果てるしかありません。

仕事に最適なツールは情報伝達の「速さ」と「公開範囲」で考える
http://japan.zdnet.com/sp/feature/10icttools/story/0,3800103435,20409048,00.htm