3d23d998.jpg

 でも昨日は「太宰治『惜別』」を書いていられませんでした。きょうもこのままですと、無理かな。

2010/02/26 06:42きょうの「読書さとう」は太宰治の「惜別」を書こうと思っていました。
 いつもこのポメラで書いているのですが、なかなか最初は自分の中側から沸き上がって来ない思いになります。そのときが一番つらいときです。
2010/02/26 09:35上のように書きましたが、このポメラで義母のお便り帳も書きました。あとは義母を送って、それから私の歯医者さんへ行きます。それが10時30分の約束です。それまでは、私はこのリビングで待ちます。待つだけなのは少々大変です。
2010/02/26 13:01それでいくつものことを終わらせました。ケータイメールでも連絡した相手もいます。もう今はケータイメールが重要ですね。
 さてオリンピックを見ています。こうしてスケートを見ていると、いつも私の二人の娘とあちこちのスケート場で滑ってきました。そのいくつものスケート場を思い出します。次女ブルータスと手をつないで滑っていると、いつも私の右側を走っているブルータスは私に注文ばかりしてました。「早すぎる」とかいろいろです。もう私は大変でした。でもそんなブルータスがいつもたまらなく可愛かったものでした。
 できたら、二人の孫とも一緒にスケートしたいな。
 私は子どものときに札幌でスキーはやりましたが、スケートというのはやりませんでした。でも鹿児島で弟がローラースケートをやったときにはやらなかったと思います。
 でもたしか私は池袋スケート場でも大宮スケート場でも王子スケート場でもスケートをやりました。当時の彼女と一緒にです。私はごく普通にスケートができたものです。たぶん子どものときのスキーの感性で普通にできたのだと思います。そして娘とは新松戸のあるスケート場で初めてスケートをやったものでした。

 今は、ブルータスが来ています。二人の孫も実に嬉しそうです。昔の写真を見まして、ポニョの顔ががとってもブルータスそっくりなことが判りました。だから少しきかない子なのかな。

 画像はケーブルテレビでやっていた『夫婦善哉』です。織田作之助のこの小説は好きです。ただし、この映画はね、どうしても織田作の感じがしないのですね。