74a39a4c.jpg

 このブログのサイドバーに、私の「周のツイッター」を置いてあります。そしてそのツイッターの下には、「周のつぶろく」のバナーが置いてあります。おのおののURLは以下の通りです。

 http://twitter.com/shomon 周のツイッター

 http://twilog.org/shomon 周のつぶろぐ

「周のつぶろぐ」のほうが、一見ホームページにも見られることもあるのかなあ、と考えまして、私の友人たちにやってもらえないかなと思ったものです。
 それでバナーも替えました。でもそのバナーは「つぶろぐ」の文字のバナーの上に、「周のツイッター」という言葉を載せました。このほうが誰もよく知っている言葉だと考えたからです。そのバナーは以下です。
twilog このツイッターは今後もっと多くの人がやっていくと思います。こんな「自分のつぶやきを載せたからと言って、それが何になるの?」と思うと考えますが、そしてそれはけっこう聞いてきたことばです。
 でも、それは昔、「メールはやっているし、でもケータイメールはやらない」という言葉と同様のものです。これは、「電話はいいけれど、携帯電話はやらない」ということと同じです。「手紙はいいけれど、電話はやらない」と同じです。でももうこんな人いないでしょう。かつ、私はそんな人が手紙も書かないことを知っていいます。
 こういう言い方だと、「文字は駄目だ、口で言葉で伝えないといけない」という古代の人と同じです。私は同様の言い方を伝えて、メールだけでなく、ケータイメールを使うようになった人を何人も知っています。
「ツイッターなんて、何になるの?」なんて言っていないで、是非ともこれで互いの思いを伝えましょう。