10080123 昨日はいくつものことを忘れていました。困ったものです。
 ただ「読書さとう」は、「殷の紂王の愛した女、妲己」を書きました。きょうは、「周の幽王の愛した女、褒じ」を書きます。司馬遷がよく書いてくれていました。たぶん、歴史的には、この褒じと妲己のことははっきりしていて、それから「夏の傑王の愛した女、末喜」は、多分司馬遷が創作した女性じゃないかな。いや、そんなことを言うと、また司馬遷に怒られる気がします。
 写真は8月1日の午後7時58分に撮りました。長女の家の前で花火をしているポニョなのです。(08/07の2)