2016122713

10110605 私が詩吟を詠うのに一番好きなのがこの詩なのです。

    絶命詩     黒澤忠三郎(勝算)
  呼狂呼賊任他評 狂と呼び賊と呼ぶも他(ひと)の評に任す
  幾歳妖雲一旦晴 幾歳の妖雲一旦晴る
  正是桜花好時節 正に是桜花の好時節
  桜田門外血如桜 桜田門外血は桜の如し

  狂人と呼ぼうと、賊徒と呼ぼうと、それはいう人の評に任せよう
  井伊を倒した今は、妖雲も一時に晴れた思いである
  この時はまさしく 桜の咲く三月三日の好時節である
  桜田門外の雪の上に飛び散った血も また桜のようであった

 万延元年3月3日桜田門外で井伊大老を討った時の水戸天狗党のひとり、当日拳銃で襲撃の合図をしたとされる、黒沢忠三郎(1840〜1861)の辞世です。
 当日は今でいえば、4月の桜の季節なのですが、ときどきいまでもある台湾坊主(といわれる台湾周辺で発生する低気圧)の気候のおかげで、季節はずれの大雪でした。
 忠三郎は、神田浦三と名を変えて薩摩藩邸に潜伏し、水戸・薩摩の浪士たちと連絡をとりあい、この挙を計りました。
 彼の銃撃は合図だけでなく、最初に駕篭の中向けて撃った彼の銃撃が、井伊大老には致命傷となったということです。忠三郎は武芸に長けていましたので、大奮闘をしまして、刀が鋸のようになっていたと言われます。身に数創を負いましたが、老中脇坂淡路守邸に自訴しました。即日細川邸に幽閉され、さらに移動させられまして、文久元年7月26日斬られました。享年22歳でした。
 この詩は、その刑死される日の辞世です。最初「走筆作詩(ふでを走らせて詩を作る)」と題して、1句目を「呼狂呼賊任人評」と考ました。そのあと、推敲してこの句になりました。私は意味で、「他評(たひょう)にまかす」というところを、最初の句の読み方の「ひとの評にまかす」と詠っております。

 この詩は昔埼玉大学むつめ祭(埼大の学園祭)の統一テーマになったことがあります。1971年のむつめ祭のときです。もちろん私が提案して採用されたテーマでした。あのとき以来この詩がやたらに埼玉大学関係のイベントで詠われるようになりました。ついでにいいますと、70年安保闘争のときにも、私は集会でヘルメット姿でこの詩を詠いました。

 また同じく忠三郎が刑死の日に作った辞世の短歌です。

  君がため身を尽くしつヽ益荒雄の
    名をあげとおす時こそ待て

 忠三郎の思いは、いつも私に伝わってきます。私はいつもどこでも詠ってきた私が一番好きな詩です。(2003.05.20)

 思えば、71年のむつめ祭のときに、このテーマが選ばれたのは、私が実行委員会でこの詩を吟じたからです。私は学生運動の場では、よく詩吟をやりましたが、むつめ祭の実行委員会で詩われたのは、みな驚いたものでしょうね。いえいえ、学生運動(三派全学連、そのあとは全共闘運動)で吟われるのも驚くべきことだったかなあ。いえ、私がいるわけですから、別に当然のことなのです。
 この「黒澤忠三郎『絶名詩』」を私に詠うように、命じてくれたのは、その前年70年の秋に、私の詩吟の宗家荒國誠先生でした。私はいつも荒先生の声もお顔も思い出しています。
 それから、この71年のむつめ祭の統一テーマは

   呼狂呼賊任他評
    −我がなすことは我のみぞ知る−

 でした。サブテーマの「我がなすことは我のみぞ知る」は、坂本龍馬の「世の中の人はなんともいわばいえ 我がなすことは我のみぞ知る」の歌からとったものでした。